流山の文化遺産や神社仏閣、名所旧跡などの中から選定された100か所、 それが「流山100か所めぐり」です。
あなたの感じた流山の自然や歴史を『流山百歌』で俳句にしてみませんか?
流山の100か所を俳句にしてみませんか?

78

 赤城神社
Powered by Google  
画像をクリックすると画像取得元のページに移動します  
所在地
流山市流山6-649
アクセス
流鉄流山線平和台駅徒歩9分
説明
流山の地名発祥伝説の神社、元和6年(1620)再建、大しめ縄行事。
一口メモ
(流山の地名のおこり) 伝説によると、「そのむかし大洪水によって上州赤城山の崩れた土塊が流れついたのが赤城神社奥の"赤城山"であり、"山が流れてきた"から"流山"という地名がついた」となっている。別説では、赤城山のお札が流れ着いたからともいい、地名の起源をひもとく面白い伝説である。 (大しめ縄行事) 赤城神社の本祭りの準備で行われるしめ縄づくりで市指定無形民俗文化財。竹を芯にしてわらを巻いた縄が、氏子たちにより三本によられ、直径1m・長さ8mの大しめ縄が鳥居に飾られる。近年は10月10日前後の日曜日に開催。