流山の文化遺産や神社仏閣、名所旧跡などの中から選定された100か所、 それが「流山100か所めぐり」です。
あなたの感じた流山の自然や歴史を『流山百歌』で俳句にしてみませんか?
流山の100か所を俳句にしてみませんか?

76

 小林一茶寄寓の地
Powered by Google  
画像をクリックすると画像取得元のページに移動します  
所在地
流山市流山6-670-1
アクセス
流鉄流山線平和台駅徒歩7分
説明
江戸時代、俳人一茶は第二の故郷として親しみ過ごした地(秋元本家跡)。
一口メモ
(秋元双樹と小林一茶) 流山村の酒造家四代目・秋元三佐衛門春雄の長男として宝暦7年(1757年)に生まれた五代目・秋元三佐衛門感義は、俳号を双樹といい若いときから学問に長じていたらしく、特に商売の才覚は父三佐衛門をしのいでいたと思われる。豆腐商から酒造家に転業をはかったのは父の代であったが、それから7年後に味醂づくりをはじめたのは、双樹の研究の成果によると推測され、流山に9軒あった造り酒屋から抜きん出る目玉商品となった。 酒造家の名門となった双樹は家業の傍ら、葛飾派の門人として俳諧道をきわめていくところとなり、寛政3年(1791年)一茶が下総地方を巡歴した頃に出会いがあったと思われ、その後、一茶が既に交流していた馬橋村(現松戸市)の油商で葛飾派の判者であった大川立砂と共に親交を深めた。双樹35歳、一茶29歳であった。
連絡先
一茶双樹記念館
電話番号
04-7150-5750